こんな感じで
では さっそく

履歴一覧 業績リストも


こんにちは 矢嶋剛です。

このページ、Job Graphicsでは、
わたしのキャリアを紹介していきます。

なぜ、マーケティング・ストーリー?
中心でお送ります。

さて、経歴です。
以下の大学で学び、以下の仕事をしてきました。

文学士・社会学修士
 (慶應義塾大学,ライフスタイル論)
経営学修士・博士課程満期退学
 (青山学院大学,医薬品流通論)

慶應・院修了後、日経産業消費研究所・研究員(消費者行動研究)、流通問題研究協会・主任研究員(製配販提携の研究)を経て、2002年6月独立。マーケティング・ファシリテート(戦略共有と組織融和)のコンサルティングを開始。2003年2月、有限会社ブリッジQ(後に株式会社ブリッジQへ商号変更)を創立。同社代表に就任。2015年9月、これから求められる着想、マーケティング・ストーリーを広く問うためコンサルティング卒業を選択。宣としてブリッジQを解散しました。

そして今、綴り手として。
マーケティング・ストーリーを綴ります。
活動のあらましは、公式サイト、
矢嶋ストーリー.tokyo
をご覧ください。

ブリッジQ時代より、大学で講義もしています。

大学等の教育歴(年度)は以下の通りです。

・國學院大學(2003~17年)
  流通システム論,経営学特論(PBL)
・東京国際大学(2013~16年)
  マーケティング・コミュニケーション論他)
・港湾カレッジ横浜港(2008年)
  マーケティング論
・高齢障害求職者雇用支援機構(2004~08年)
  離職者訓練(マーケティング全般)
・職業能力開発総合大学校(2006~08年,12年)
  指導員研修(マーケティング全般)

研究業績は長いので省略します。
詳細は以下のPDFに履歴とともに記載しました。
併せて、ご覧ください。←作成中

しかし経歴だけでは「仕事ぶり」は見えません。
そこで、当時の資料を披露します。
キャリアの中身をグラフィックにご案内します。

まず前半、シンクタンク期から。

画像でみる シンクタンク期


慶應・院から日経産業消費研究所、流通問題研究協会までの軌跡、シンクタンク期の仕事です。とくに注目された5つを抜粋してご案内します。

ライフスタイル論における従来の人間観は〇〇型と呼ばれる態度の一貫性を前提としていました。しかし本当の人間は、一流レストランの帰りにラーメン屋に寄ります。だから、外界・状況に柔らかに順応する人間像をベースにする状況準拠的ライフスタイル論を慶應義塾大学・大学院の修士論文として表しました。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。

慶應義塾大学・大学院では、新しいライフスタイル論にチャレンジしました。それまでの言説は、態度の一貫性を前提にした類型論(あなたは〇〇型)を当然としました。その人間観に根本から疑問を呈したのです。人は状況に応じて態度も行動もポジティブに変えていく。この仮説を状況準拠的ライフスタイル論と称し、意識調査で実証しました。修士論文。




消費者行動分析の実際。カテゴリカル・データを数量化Ⅲ類(対応分析)にかけて東京在住者の来街行動を分析しました。その結果、交通インフラの強い影響力が判明。よく行く街をマップ化したところ、鉄道路線図が現れました。今にして思えば、ビックデータ分析の先駆け?|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。


カテゴリカル・データの相互関連を行列化・マップ化する数量化Ⅲ類。当時、最新だったこの解析法で「よく行く街」を分析すると、鉄道路線図が現れました。来街行動の地理的近接性が東京の中心部で広く認められたのです。今にして思えば、ビックデータ分析の先駆け? 論文タイトル「購買空間としての繁華街利用」日経消費経済フォーラム99号(1992年)。



ブランドの評価分析の実際。対象は乗用車。企業ブランド(例 トヨタ)と個別ブランド(クラウン)のブランド構造が消費者にどのように評価されているかを分析。量的分析に質的分析(ブランドの想起・連想の解読)を合わせたハイブリッドな分析の結果です。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。


当時、実証に乏しかった個別ブランドと企業ブランドの相乗効果を分析。対象は自動車です。質的分析(自由記述の内容分析)と量的分析(好意度の相互関連)を混成し、乗用車の認知的ブランド構造を明示しました。多くの車種の認知が過度な企業ブランド依存、過度な個別ブランド依存に陥っていると指摘したのです。論文タイトル「個別ブランドと企業ブランドの関係性」 日経広告研究所報,第178号(1998年)に収載。



メーカーから最終顧客に至る流通システムの機能分析の実際。卸売業の最新物流センターの機能分析手法を開発。センター機能のEDI化・連結可能性の評価軸を作成したのです。通産省(現・経済産業省)の委託研究です。日本版ECRスコアカードとして新聞等に紹介され、話題になりました。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。


2000年に向け、日本の流通は電子データ交換(EDI)を当然とする消費者起点システムの構築へ動き出しました。その進捗度の測定法を開発するように通産省(当時)から依頼が…。そこで卸売業の最新物流センターの機能分析手法を開発。センター機能のEDI化・連結可能性の評価表を提示しました。日本版ECRスコアカードとして新聞等に紹介され、話題に!



仕入基準を厳格化して顧客に公開するとき、製品としてのPBではなく、仕入れルールという真のストアブランドを確立するとき、小売業は新しいマーケティングのチャンスをつかむことができる。その可能性を、カタログハウス(東京・渋谷)のマーケティングに見出して原稿にしたら新聞に載りました。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。


小売業の真価を、仕入れ基準の厳格化と公開に求めたマーケティング論。環境ホルモンの仕入れ拒絶を宣したカタログハウス(東京・渋谷区)のマネジメントを取材。その要点と成功の論理を再整理したのです。原稿は『中小流通業 革新への挑戦』(共著,絶版)に掲載。出版後、日経流通新聞・流通論壇(1999年11月9日付け)で紹介されました。



画像でみる コンサルティング期


続いて、株式会社ブリッジQ時代、コンサルティング期に興した仕事のご案内です。マーケティング・ファシリテート(戦略共有と組織融和)の実践が様々なチャレンジを誘発しました。

戦略共有コンサルティングのプランニング・イメージ図です。企業改革を成功させるため、社内の問題を構造化した上で、新しいコミュニケーションを社内外に興します。経営者、働き手(従業員、スタッフ)、お取引先様、お客様の関係を戦略的に豊かにします。この活動をマーケティング・ファシリテートと呼びました。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。


企業改革には内なる賛同が必要です。しかし、沈黙。そして、見えざる抵抗が…。解決のために、1人で100以上に及ぶ個人面談、議論の公開、…。問題を構造化し、新しいコミュニケーションを興します。この戦略共有活動全体がマーケティング・ファシリテートです。源泉は「お客様のために!」。だから、マーケティングなのです。



競争分析の実際。流通はマーケティングにとって最も重要な環境要因です。この分析の成否は、流通の実態の描写力にかかっています。この著作では、医療用医薬品流通の物流機能を分析しました。物流機能の実態と評価を加工食品や日用雑貨と数値比較しました。流通システムの1つの記述方でもあります。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです


環境分析の1つ。物流システムを数値で比較評価しました。対象は、加工食品、日用雑貨、医療用医薬品(:処方箋を要する医薬品)の3業界。プレーヤー、取引形態、商慣行が違うと、まったく異質な流通システムが生成されます。効率の定義は一様ではありません。片岡一郎・嶋口充輝・三村優美子編著『医薬品流通論』の6章に執筆。東京大学出版会・刊。



戦略共有コンサルティングの成果例。戦略が各部門部署に浸透していく過程で、社員・スタッフから意欲的な新しい提案が続出します。この提案を戦略に組み込めると素晴らしい成果を上げることができます。ときには特許取得に至ることも。光栄です。感慨をある人の言葉(英文)として添えます。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。


慣れ親しんだ合理を離れて、別次元の境地へ進む。それが企業改革の本質です。その道を拓くコンサルティングに邁進したときに、1つのシンボル的業務を創生しました。クライアントとご一緒に、新しい業務のために情報システムを新たにデザインしたのです。すると、その先進性・独自性から特許を取得する事ができました。嬉しかったです。



岡山県真庭市中和。医師が常駐しない無医地域です。その医療を考えるために現地でデプス・インタビューを実施。結果を住民・地域の自治体病院に報告。資料(非売品)『中和の方々の中和の方々の医療に対する思いそして湯原温泉病院の思い : インタビュー調査から』を作成・配布しました。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。


岡山県最北、真庭市内に中和(ちゅうか)という地域があります。無医地域です。その医療を考えるために現地でデプス・インタビューをおこないました。その結果を住民の方、地域の自治体病院にご報告しました。そのとき作成した資料(非売品、文庫本サイズ)が。タイトルは『中和の方々の医療に対する思い、そして湯原温泉病院の思い:インタビュー調査から』。国立国会図書館に寄贈しました。



マーケティング・コミュニケーション論文です。タイトルは「企業と消費者の文脈共有価過程と需要創造―文脈共有の不完全性に注目して―」。青山学院大学の紀要「青山経営論集 第46巻第3号」に寄稿しました。テーマは、文脈共有の不完全性。企業と消費者文脈共有システム・モデルを図示しました。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。


コミュニケーションの本質は文脈共有の不完全性にあります。お互いの認識が異なるから、メッセージは勝手に解釈され、双方とも分かった気になる。これがコミュニケーションの実態です。だからこそ、会話に需要創造の機能を付与できます。その論理をワイン販売の会話で例示しました。論文「企業と消費者の文脈共有価過程と需要創造―文脈共有の不完全性に注目して―」青山経営論集,第46巻第3号,2011年に寄稿。

ふり向けば 職能10種


考えてみると…

必要なスキルを、
その時々で身に付けてきたように思います。

最初は、消費者調査から。
そして、次、次と、いつの間にやら。

数えてみたら、扱える領域は10くらい?
ならば陸上の10種競技に準えて、職能10種と洒落(しゃれ)てみました。

中身は以下に示す通りです。

①消費者調査(あらゆる手法・その混成展開
②意識・行動の数理的表現(多変量解析・モデリング
③企業取材と新聞記事執筆(日経流通新聞)
(以上、日経産業消費研究所時代のノウハウ)

④競争・営業の論理的描写(組織活動の構図化
⑤マーケティングの改善(機能分析から)
部門語の翻訳(営業語、物流語、システム語、経営語)
(以上、流通問題研究協会時代のノウハウ)

ここまでが、シンクタンク期です。
以後、コンサルティング期に入ります。

⑦戦略共有(C.E.O.と全スタッフの仲立ち
社内コミュニケーションの勃興
シンボル業務のデザインと展開
(以上、株式会社ブリッジQ時代のノウハウ)

そして、
⑩実践→論理の講義(大学、社会人)


これら職能10種は「実際にどうする?」(具体)を、経営やマーケティング、コミュニケーションなどの論理(抽象)で練ったタフな経験です。実はこのままでも処方箋として十分通用します。ですが…

人は動いてくれるでしょうか。
組織は、人と人です。

だから職能に、人の生き様(風俗、銭、哲学)、喜怒哀楽(叫び・藝術・話芸)を更に加えて練り上げていきました。

すると、
マーケティング・ストーリーが描けそうな気が…

だから、当然。
では、次へ参りましょう。

2016年 ストーリーへ


コンサルティングを13年やりました。
2002年から2015年まで。注)会社設立は2003年
その後半、新しい境地に気づきました。
それがストーリーです。

企業史や広告メッセージの物語風記述ではなく、

教養としての物語論(その構造分析)でも、
業界事情を散りばめた企業小説でもない。

成長の論理にしっかりと支えられた、
コミュニケーション足るストーリー、

そんなマーケティング・ストーリーを
描きたくなったのです。


「作品」を綴る以前から
仕事の中で実感しているのですが、

マーケティング・ストーリーは凄いんです。

みんなの心の奥で溶け出して、
一人一人のものになる。

でも、消えるのも簡単。
無理を強いれば、たちどころ。

小手先の心理術では太刀打ちできない、
深遠な組織運動。

共感と共創の普遍を前提とする、
これからのマーケティングに不可欠な要素。

ですから…

もし、このアプローチ、
マーケティング・ストーリーが広がったら…
(日本経済は厳しくなるから…)

コンサルティングの制約を越えて、
多くの方の役に立てるかもしれない。

要領は分っています。
成功への確度も見通せます。
わたしのコンサルティング、そのものですから。

あとは…

シンプルですが、そう思って…。


決意の際に触れた、先達の言葉です。

I'm not into the whole external beauty thing. Because it doesn't last.
(惹かれないんだ。うわべの美しさに。続かないだろ)
ラッセ・ハルストレム監督の映画『ギルバート・グレイプ』より

When one door is closed, don't you know other is open?
(一つのドアは閉じてる。でも知ってるよね、他は開いてるよ)
ボブ・マーリィの歌『Coming from the cold』より

Every day is a new day.
(毎日が、1つの、新しい日なのさ)
アーネスト E. ヘミングウェイの小説『老人と海』より

All it takes is courage, imagination… and a little dough.
(これだけあれば。勇気、想像、そして少しのお金)
チャールズ S. チャップリン監督の映画『ライムライト』より

I can accept failure, everyone fails at something. But I can't accept not trying.
(受け止めるさ、失敗はね。みんな失敗する。何かしらね。でも、できない。試さないなんて)
マイケル・ジョーダン選手の言葉

Everything you can imagine is real.
(すべて、あなたの想像は、本物ですよ)
画家パブロ・ピカソの言葉

Life is an exciting business and most exciting when it is lived for others.
(人生はワクワクする事業。中でも最高のワクワクは生かされているとき。人々のためにね)
ヘレン・ケラーさんの言葉

If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.
(もしわたしが優しくできないなら、値打ちはない。今、生きているだけの)
レイモンド・チャンドラーの小説『プレイ・バック』より


という訳です。

わたしの信条 密かな憧れ


ビジネスにたずさわる、わたしの信条。
お目汚しですが、以下に少し。

1.ビジネス万歳
自分らしく生きるために、
好きな仕事に就いて、
プライベートも充実!

自己実現を広げる最強の手段、
それがビジネスです。

ビジネス万歳!
だからビジネスを応援します。


2.チャンスはみんなに!
出自や金、学歴。つまらぬ壁で
チャンスが偏るとき、

自分で自分をあきらめるとき、

すべてが馬鹿らしくなってきます。
社会は停滞し、国は衰えます。

チャレンジの扉に、鍵は要らない。

身近な機会に、最高の学びを。

履歴偏重の下剋上、狙ってます。


3.相手を想って
観念でモノを言うのが嫌いです。
マーケティングとは…とか。

行動しない人の常套句。
威張りから生まれる自己防衛。
ツマラヌ、ツマラヌ。

事情や状況を察した上で、
為すべきことをズバリと示す。

相手を想うって、
そう言うこと。

できなかったら、無口でいよう。
一般論で、良い子になるな。


以上、こんなことを信条にしています。
だから、こんな人に憧れます。
(密かな目標。遠いけど…)


レオ・レオニさん
『フレデリック』は、最高のお手本。


売茶翁・柴山元昭さん
路傍で、少しの茶代で、心を洗って。


ねじめ正一さん
処女詩集。いつまでも心に響きます。


マルク・ブロックさん
著書『奇病な敗北』の姿勢、気迫、…。


マックス・ウォルドマンさん
この方の写真は…ただただ美しいのです。


憧れのスーパースターたち。
機会があれば、紹介したい!

表現の練習 イラスト集

恥ずかしながら、ちょこまかと

adobeのillustratorに触り出した頃(2008年)の一枚。樹が一本。笑っちゃうほどシンプルなイラスト。ウェブサイトwebsiteの扉としてデザインdesign。空間内の配置に腐心した記憶あり。作・矢嶋剛。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。
adobeのillustratorに触れた頃(2008年)の一枚。笑っちゃうほどシンプル。webサイト1号の扉に。
このイラストも2008年の作。「本をクリック→紹介ページへ」を実現したくて、本棚bookshelfサイトを作りました。その際のメインイラストです。使える色の豊富さに感激ながら、本?を並べていきました。作・矢嶋剛。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。
同じ2008年の作。本をクリック→紹介ページ!な本棚サイトを制作。使える色の豊富さに感激。
中日新聞に連載した消費コラム50回分を紹介したい!で描いた、ポスト本棚サイトのイラスト。どうしよう?と悩んだ末の結論がニュース・スタンドでした。パリの風景、書店をイメージしながら描きました。2009年の作。作・矢嶋剛。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。
中日新聞の連載コラム50回分を紹介したくて、ニュース・スタンドを描きました。2009年の作。
ニュース・スタンドと同じ2009年の作。今度は島です。島の名はpictorial。ニュース・スタンドの売り子が島内にいるのに気づきました? それしても、島&キャラクター。世界観を目指し、ディズニー・ワールドを意識? 作・矢嶋剛。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。
ニュース・スタンドと同じ2009年の作。島にキャラクター。世界観を目指し、ディズニーを意識?
2012年作のイラスト。テーマは組織、人と人。だからキャンプ・ファイアなのです。最初の背景は昼でした。しかし翌年、夜に。リラックス感を高めたくて。作・矢嶋剛。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。
2012年の作。テーマは組織、人と人。だから焚火。リラックス感を高めたくて、夜、星空の風景に。
同じく2012年の作。この頃、人の躍動が描きたくて。でも下手なので、このときは「線の人」(おなじみ?)に踊ってもらいました。ダンスっぽいでしょ。作・矢嶋剛。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです
同じく2012年の作。この頃、人の躍動が描きたくて。そこで「線の人」に踊ってもらいました。
ページのテーマをイラストでシンボリックに描くときも。これは。ニュースレター「なみがしら通信」をブログ化したときのカバー画像。2015年の作。波のザブーン、大迫力、パワーを伝えるのに文字だけでは…ということで。作・矢嶋剛。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoです。
絵でテーマも。ニュースレター「なみがしら通信」をブログ化したときのイラスト。2015年の作。
2014年頃からブログに絵を多用。葉書風を描き始めます。これは、愛飲ワイン、販売中止のときに。


恥をかき々々、練習の日々です。


おまけ 好き、苦手


あの…最初に断っておきますが、
詰まらなくとも、ご勘弁。

〔好き〕
・柴犬の笑顔
・でっかい景色
・気の置けない焼き鳥屋さん
・夏のスイカ(玉買いします)

よい夏だった?の判定基準にスイカの美味しさが入っていることは間違いありません。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoより。

〔苦手かも〕
・威張ろうとする気持ち
・色紙でいっぱいのお店

〔ときどき〕
・驚きたくて、美術館
・新しい一皿(料理)
・風に吹かれに(遠くは無理)

自転車で街中・路地をウロウロと進むのが好きです。意外な発見がたくさんあるから。楽しい。|キャリア・サイト「矢嶋剛のJob Graphics 」です。矢嶋ストーリー.tokyoより。


〔趣味〕
・岩本町三丁目町会(千代田区)

〔したいこと〕
・再びフルマラソン(1989以来)
・スケッチ旅行


〔SNS〕
・twitter やじます
・Instagram やじますの旅
・FacebookPage Feel like so?
 (いずれもキャラは で!)

矢嶋ストーリー=やじます。ということで、SNSは、このゲジ?禿?謎のキャラクター「やじます」で楽しんでいます。twitter、Instagram、Facebookページなどに出没。矢嶋剛のイラストにはちらほら。Job Graphics で見れます。

お読みいただき、ありがとうございました。

矢嶋ストーリー.tokyo公式サイトでは
矢嶋ストーリーの魅力をご案内しています。
こちらも是非、ご覧ください。